外注さんと初契約!!しかも良い記事書いてくれる~

前回、クラウドワークスで初めての応募があり、とりあえずその方の専門分野でサンプル記事を作って頂くことになりました。

外注さん募集に反応あり!初応募あり!

今回はその後の話です。

外注さんのポテンシャル!良い記事書いてくれるな~

サンプル依頼してから1日ほどで、サンプル記事が送られてきました。
早速、内容を拝見すると、申し分なし!

さすが、専門分野だけあって、ネットに転がっているような内容よりも濃い記事が仕上がっています。

もう、これは契約するというより、契約したい!

わざわざ、その人用のキーワード集めて、タイトル決めして正解でした!
 

外注さんと初契約!そしていきなりの単価アップ!

この外注さんとは、契約してもいいな~ではなく、是非契約したいと思ったので、サンプル1記事もらっただけで、いきなりの単価アップを提示しました。

値段っていうものは、一度上げると、下げることはなかなか難しいものです。

1人目の応募であり、外注さんがどんな記事を通常仕上げてきてくれるのか、手探りの段階ではあったのですが、この外注さんはとても良いという自分の直感を信じたのでした。
 

しかも「250円から350円」ですので40%アップです!

たった100円のことかと思うかもしれませんが「ちりも積もれば」なので、結構でかいですよ!
特に、収益がある程度発生するまでわ・・・。

ちなみに税別なので厳密には1記事378円。
 

ただし、あくまでもその外注さんの専門分野に限っての話であって、他は違います。

ただ、一般募集する金額を50円上げようかなと悩んでいたときだったので、他の記事についても50円アップの300円で提案しました。

専門分野でなかったとしても、結構、読みやすい文章を書く人だったんですよね~

これって、結構大事だと思います。

例え内容が薄かったとしても、読みやすければスラスラ読むかもしれないですし、例え濃い内容の記事であっても、読みにくければ離脱しますから。
 

クラウドワークスの外注さんとの契約の流れ

これは、あくまでもめばるの場合で、他のパターンもありますが、自分用備忘録として書き留めておきます。

① 全体に応募をかける
 ※「見てみて」機能を使ったり、個別にスカウトをかけたりもする

    

② 応募が入ったらサンプル依頼
 ※既に書いた記事でも良しとしたが、新たに書いてもらった方が良いかもしれない

    

③ サンプルが問題なければ契約に
 ※サンプルの出来としては、よっぽど酷くなければ良しとする

    

④ 双方契約合意で報酬の仮払いをする
 ※これは、発注者が報酬を払わず逃げてしまうリスクをなくすため、クラウドワークスに預ける感じで、納品完了したらクラウドワークスから受注者に支払われる

    

⑥ 納品・検収
 ※納品されれば検収(内容、文字数、コピペがないか等のチェック)
 ※問題なければ支払いして、メッセージ送って完了
 ※引き続きお願いしたい場合は、新たなテーマを送る

 

大事なお知らせ

めばるは、アドセンスブログ外注化の実践方法をココで学びました!

アドセンスで結果が出ない方、伸びない方、自分でする作業に限界を感じている方は登録しておくべき無料メルマガです。

めばるは、とりあえず記事作成だけの外注で初めましたが、何もかも外注さんに投げて、自分は何もしないって方法も学べます!

 

興味のある方は下のバナーをクリックしてください。 詳しい説明に移動します。

gaityu336.png

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

検索
自己紹介
はじめまして。当サイトを運営する〝めばる〟と申します<(_ _)>
このブログは、外注化によるアドセンスブログを今から実践していくめばるが、その成長の過程、いや成長しないかもしれない過程を、特に盛ることなく、隠すことなく、赤裸々に日記のごとくアップして行くという試みのものです
自己紹介を詳しく見る >>
最近の投稿
カテゴリー