記事単価と文字数

先日は、クラウドワークスを使って、外注さんとアドセンス記事の作成の契約を初めてした話でした。

外注さんと初契約!!しかも良い記事書いてくれる~

今日は、募集をかける記事の文字数と記事単価について話をしたいと思います。

これ、結構悩みました~

記事単価を考える

1記事あたりの単価ってどんなものなのか・・・

めばるが勉強しているアドセンス外注化のマニュアル、フルオートメーションアドセンスパッケージ(FAAP)で、とりあえず推奨している記事単価は文字単価0.2円ほど。

つまり文字数が増えれば増えるほど、記事単価は上がっていくことになります。

そして、ブログは1記事の文字数は多いに越したことはありません。
その方が評価は高くなるので。
 

めばる自身が記事を書いている(現在、更新ほとんどしていませんが・・)アドセンスブログは、1記事あたり2000文字~4000文字くらいが多いです。

それと同じくらいの字数でいくとして3000文字でするなら1記事600円。
1か月30記事として18,000円・・・・

これをペイするには少なくても3か月くらいの期間が必要でしょう。

そもそも、記事書き以外は今のところ自分でしているので、ペイしてるだけじゃ意味がなくある程度の利益を上げなければいけません。

せめて、この1ブログで月10万円以上は利益を確保したいところ。

とてもじゃないけど1記事600円は無理です。
 

自分で書いてるアドセンスブログの記事単価は?

ここで、ふと自分のアドセンスブログの1記事あたりの単価ってどれくらいなんだろう?
と、疑問がよぎりざっくり計算してみました。

今まで作成して投稿した記事が400記事ちょい(削除したのもありますが・・・)
期間は約3年半です。

そして、このブログから上がった収益は400万ちょい。
 

と、いうことは1記事平均1万円を稼いでくれているってことになります!

もちろん、やることは記事作成だけではないですが、そこから考えると600円は可能な数字かもしれません。

けど、まだ何も結果が出ていない、そして結果が出るかどうかも分からないものにやはり1記事600円は怖いですね。
 

文字数を考える

ここは、やはりマニュアルの推奨単価で行くべきでしょう。

そして、少しでも記事単価は低い方がいいので、それだと文字数を少なくする必要があります。

1000文字で200円は、ちょっとあまりにも文字数が少ないかなと思うので、とりあえず1500文字の記事で募集をかけることにしました。

めばる自身が書く記事が、少なくて1500文字くらいなので・・・

それに、あまりボリュームが多くなると、書くのもなかなか大変ですし、サクサクっと書いてもらうにはそれくらいが適量なんじゃないかと思いました。
 

1記事250円で募集を開始

1500文字ならマニュアル通りいくと300円です。

しかし、単純に掛ける文字単価ってのもどうなのか・・・

これは、めばるの私見かもしれませんが、1500文字書くのは1000文字書く労力の1.5倍ではないんですよね。

色々、下調べしたり構成考えたりしたら1000文字も1500文字もたいして変わらない気がするんです。

だから、記事単価は文字数は1000文字の1.5倍ですが、単価は1.25倍の250円で募集をかけることしたのでした。

感覚的にはそんなもんです。

1000文字200円ってのが、どんなものかはめばるにはまだ何とも分かりませんが・・・

これで、ダメなら単価を上げていくことにします。

上げるのは簡単ですが、下げるのは難しいですからね~
 

●その結果はコチラ

記事単価250円の募集結果

大事なお知らせ

めばるは、アドセンスブログ外注化の実践方法をココで学びました!

アドセンスで結果が出ない方、伸びない方、自分でする作業に限界を感じている方は登録しておくべき無料メルマガです。

めばるは、とりあえず記事作成だけの外注で初めましたが、何もかも外注さんに投げて、自分は何もしないって方法も学べます!

 

興味のある方は下のバナーをクリックしてください。 詳しい説明に移動します。

gaityu336.png

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

検索
自己紹介
はじめまして。当サイトを運営する〝めばる〟と申します<(_ _)>
このブログは、外注化によるアドセンスブログを今から実践していくめばるが、その成長の過程、いや成長しないかもしれない過程を、特に盛ることなく、隠すことなく、赤裸々に日記のごとくアップして行くという試みのものです
自己紹介を詳しく見る >>
最近の投稿
カテゴリー